【徹底比較】ほんとに眠れる安眠まくらの選び方と口コミ

よく眠れる枕選びに大事な3つのポイント

1.理想の高さ

 

安眠できる枕を探す為には、自分にとって最適な枕の高さと角度を知り、理想的な寝姿勢となる枕を選ぶ必要があります。ちなみに理想的な角度というのは5度から15度くらいで、高さは壁に肩をつけて立った際に壁と頭の隙間で判断します。隙間に手が入らないようなら低めのモノ、隙間が大分空いている人は高めの枕を使用すると眠りやすいということが出来ます。ちなみに高すぎる枕はイビキや肩こりの原因となるので迷った場合は少し低めのモノを選ぶといいでしょう。

 

2.好みの固さ

 

枕の中の素材というのは綿からそばがらまで非常に多岐に渡っていますし、その固さ様々です。基本的にこれは自分の好きな固さ、これまで使用してきた中で寝やすいモノを選べばいいと思いますが、どれがいいか分からなくて困ってしまった場合は、身長、体重といった体型から最適の固さの枕を選ぶ方法があります。ちなみに体型でいうと痩せている人ほど柔らかめのモノを選ぶと寝やすいそうです。また最近では夏にはヘチマ素材のモノを使用すると通気性がよく寝やすいと人気があります。

 

3.オーダーメイドの枕

 

最近は低反発の枕なども登場していますが、時間とお金があるのなら最もいいのはオーダーメイドの枕を購入することです。枕は寝ている間に頭と頚椎をバランスよく支え、起きている時の背骨はS宇力一ブと同じ状態を保てる枕が理想的な枕です。当然最適な枕の高さは人によって異なるので自分にピッタリの枕を作ってしまうのも1つの手です。

 

※枕の使用方法

 

またいくら安眠できる高さや固さの枕を購入することが出来たとしても、その使用方法が正しくなければ何の意味もありません。なので正しい寝姿勢の知識を理解しておく必用があり、仰向けになり枕に肩があたる程度にして頭を乗せるといいでしょう。頭だけ乗せている状態だと肩こりの原因となるので頭全体をしっかり乗せるイメージで枕を使用しましょう。