【徹底比較】ほんとに眠れる安眠まくらの選び方と口コミ

よく眠れる枕選びに大事な3つのポイント

1.理想の高さ

 

安眠できる枕を探す為には、自分にとって最適な枕の高さと角度を知り、理想的な寝姿勢となる枕を選ぶ必要があります。ちなみに理想的な角度というのは5度から15度くらいで、高さは壁に肩をつけて立った際に壁と頭の隙間で判断します。隙間に手が入らないようなら低めのモノ、隙間が大分空いている人は高めの枕を使用すると眠りやすいということが出来ます。ちなみに高すぎる枕はイビキや肩こりの原因となるので迷った場合は少し低めのモノを選ぶといいでしょう。

 

2.好みの固さ

 

枕の中の素材というのは綿からそばがらまで非常に多岐に渡っていますし、その固さ様々です。基本的にこれは自分の好きな固さ、これまで使用してきた中で寝やすいモノを選べばいいと思いますが、どれがいいか分からなくて困ってしまった場合は、身長、体重といった体型から最適の固さの枕を選ぶ方法があります。ちなみに体型でいうと痩せている人ほど柔らかめのモノを選ぶと寝やすいそうです。また最近では夏にはヘチマ素材のモノを使用すると通気性がよく寝やすいと人気があります。

 

3.オーダーメイドの枕

 

最近は低反発の枕なども登場していますが、時間とお金があるのなら最もいいのはオーダーメイドの枕を購入することです。枕は寝ている間に頭と頚椎をバランスよく支え、起きている時の背骨はS宇力一ブと同じ状態を保てる枕が理想的な枕です。当然最適な枕の高さは人によって異なるので自分にピッタリの枕を作ってしまうのも1つの手です。

 

※枕の使用方法

 

またいくら安眠できる高さや固さの枕を購入することが出来たとしても、その使用方法が正しくなければ何の意味もありません。なので正しい寝姿勢の知識を理解しておく必用があり、仰向けになり枕に肩があたる程度にして頭を乗せるといいでしょう。頭だけ乗せている状態だと肩こりの原因となるので頭全体をしっかり乗せるイメージで枕を使用しましょう。


【必見】安眠出来る枕の3つの選び方と使用方法

どうも!今回は自称枕マイスターBさんの枕選びをご紹介します!

 

選ぶポイント1:理想の高さ

安眠できる枕を探す為には、自分にとって最適な枕の高さと角度を知り、理想的な寝姿勢となる枕を選ぶ必要があります。ちなみに理想的な角度というのは5度から15度くらいで、高さは壁に肩をつけて立った際に壁と頭の隙間で判断します。隙間に手が入らないようなら低めのモノ、隙間が大分空いている人は高めの枕を使用すると眠りやすいということが出来ます。ちなみに高すぎる枕はイビキや肩こりの原因となるので迷った場合は少し低めのモノを選ぶといいでしょう

 

選ぶポイント2:好みの固さ

枕の中の素材というのは綿からそばがらまで非常に多岐に渡っていますし、その固さ様々です。基本的にこれは自分の好きな固さ、これまで使用してきた中で寝やすいモノを選べばいいと思いますが、どれがいいか分からなくて困ってしまった場合は、身長、体重といった体型から最適の固さの枕を選ぶ方法があります。ちなみに体型でいうと痩せている人ほど柔らかめのモノを選ぶと寝やすいそうです。また最近では夏にはヘチマ素材のモノを使用すると通気性がよく寝やすいと人気があります。

 

選ぶポイント3:自由度の高さ

最近は低反発の枕なども登場していますが、時間とお金があるのなら最もいいのはオーダーメイドの枕を購入することです。枕は寝ている間に頭と頚椎をバランスよく支え、起きている時の背骨はS宇力一ブと同じ状態を保てる枕が理想的な枕です。当然最適な枕の高さは人によって異なるので自分にピッタリの枕を作ってしまうのも1つの手です。

 

選んだ枕の使用方法

またいくら安眠できる高さや固さの枕を購入することが出来たとしても、その使用方法が正しくなければ何の意味もありません。なので正しい寝姿勢の知識を理解しておく必用があり、仰向けになり枕に肩があたる程度にして頭を乗せるといいでしょう。頭だけ乗せている状態だと肩こりの原因となるので頭全体をしっかり乗せるイメージで枕を使用しましょう。


【快眠】良質な眠りを誘う枕選び3つのポイント

今回は快眠のための枕選び!友人Aさんにこだわりの評価方法を教えてもらいました。

 

まずまくらの高さを見るよね

 

枕を選ぶ際、高さが重要になります。高すぎると首に負担がかかり、呼吸もしづらくなってしまうのです。すると深い眠りが妨げられてしまいます。
横になっているときも、体がリラックスし、自然に立っているときと同じ姿勢を保てることが理想です。

 

大きさはしっかり見た方がいいよ!

 

枕が小さすぎると寝返りしたときに頭が枕から落ちてしまいます。するとどんなにちょうどいい高さの枕を選んだとしても意味がなくなってしまいます。

 

真ん中に横になり、左右両方に寝返りを打っても頭が落ちないくらいの横幅があるといいでしょう。出来れば、横幅60p以上、奥行き40p以上は欲しいものです。

 

素材にも結構こだわるほうかも

 

枕の素材は様々な種類があり、それぞれメリットデメリットが存在するので、好みと今後の使用方法によって選ぶと言いでしょう。

 

よくあるのが、ポリエステルですが、これはフワフワと柔らかく気持ちいいのがメリットですが、使用し続けることによって、沈みやすくなってしまいます。定期的に買い替えるのであれば、ポリエステルを選ぶのもいいでしょう。

 

また、羽根の枕は、ポリエステル同様の柔らかさがある上に、保温性、通気性に優れています。しかし、安物だと硬さがあったり、羽根が飛び出したりしてしまいます。

 

昔からある定番のそば殻枕は、適度な硬さがあり、人気の高い商品です。自分の好みで高さや形を変える事が出来、更にそのまま安定してくれるので、自分の好みの状態を保つことが出来ます。

 

しかし、きちんと手入れしていないと、虫が湧いたりしてしまう可能性もあるので、アレルギー体質の方や、皮膚の弱い肩には向きません。

 

ビーズは独特の感触があり、こちらもまた人気が高いです。そばがらよりも通気性も良く、清潔を保ちやすいのですが、安定感がないというデメリットがあります。

 

このようにそれぞれの良さをしっかり把握し、自分にあった枕を選びましょう。